Amazon物販でこれ使ってないのは

致命的かもしれません・・・

 

時間短縮以上の恩恵

 

僕は、今までに沢山の方をコンサルティングしてきました。

 

延べ100名以上です。

 

そんな中で、ある程度の売上に達した方には
必ずプライスターの利用をオススメしています。

 

オススメしだしてからある程度の期間が経ち
かなり多くの方のデータが取れました。

 

具体的には、プライスターを導入された場合、平均で

 

売上が1.2倍

利益が1.3倍

 

になることが確認されています。

 

プライスターを入れて、ちょこちょこっと
価格設定をいじっただけで。です。

 

これは冷静に考えると恐ろしいことだと思います。
物販で利益を1.3倍にするのに多くの方が
どれだけ苦しんでいることか・・・

 

なぜこのような結果になるのか、
プライスターの機能とともに検証していきたいと思います。

5分おきの自動価格設定

 

Amazon販売をするうえで、
カートボックスの獲得は『命』ともいえます。

 

カートボックスの仕組みについて話しだすと
日が暮れてしまいますので、割愛しますが
出品者の中で適正な価格に常に設定していることが
カートボックス取得の一番の肝です。

 

そして、プライスターを使用すれば
その『適正価格』を5分おきにチェックしてくれて
勝手に価格を改訂しておいてくれます。

 

5分おきに。です。

 

これはもはや人の手では不可能なレベルなのです。

 

それによって、カートの獲得率が段違いに上昇し
当然、売れ行きにもそれが好影響をもたらし、
売上利益ともに向上するというわけです。

 

通常、価格改定のツールというのは
『時間短縮』の為に『自分でできるけどやらない方が良い仕事』
を任せるためにあります。

 

 

が、このプライスターは
自分じゃできないほどの細かい価格設定を
担ってくれるわけです。

 

どう考えても、売上は上がりますよね。

価格の上方修正

 

ネット上には多くの価格変動ツールがあります。

 

ぼく自身もいくつも使ってみましたが、
いまいちしっくりくるものがありませんでした。

 

 

その原因で一番大きかったのが

 

『価格の上方修正をしてくれない』

 

というものです。

 

 

例えば、2000円程度で売られているものがあって
自動価格設定をしておくとします。

 

少しずつ値下がりが起きて、1500円まで
価格が下がったとします。

 

で、価格を競っていた競合の商品が売れて
その価格帯で商品を売っているのは自分だけ。

 

このような状態でも、何も反応しないツールが
非常に多いのです。

 

しかし、プライスターはそれにも対応します。

例えば上記のような状態で、
自分以外の出品者が2200円で値付けをしていた場合、
競合がいなくなった瞬間に、2200円まで
価格を調整してくれるのです。

 

これってなかなかない機能です。

 

こまめな価格改定同様、人の手でもケアが難しい所を
しっかりと調整してくれるわけですから、
この機能によって利益率すら上がったりします。

中古にも対応

 

これは地味にありがたいことですよね。

 

新品だけでなく中古にも自動価格改定が使用できます。

 

 

 

ただ、ここで問題なのがコンディションの違いです。

 

 

 

例えば自分が『非常に良い』のコンディションで商品を
4000円で売っているとします。

 

その段階で自動価格改定の設定をしておくと。

その後、『可』のコンディションで他の出品者が
2000円で出品してきたとします。

 

そこに価格をあわせてしまうのは非常に勿体ないですよね。
コンディションが違えばものの価値も違うわけですから。

 

 

ご安心ください。

 

 

プライスターは、そこもしっかりとケアしてくれます。

 
『状態合わせ』という機能がありますので、
その機能を使用することによって、
同じコンディションの出品者にしか反応しないようにできるのです。

 

 

ですから、中古を扱っている方にも
しっかりと利用いただけるようになっています。

赤字ストッパー

 

他の出品者が、間違えて商品価格を1円に設定してしまった。
相場は1万円なんだけれども、自動価格設定をしていたから
自分も1円まで追っていってしまった・・・

 

ツールによってはそういうトラブルもあります。

 

そんなに極端な話でなくても、
思った異常に値下がりしてしまい、
ここまで値下げして売りたくなかったなぁ。
なんてことは良くあると思います。

 

しかしプライスターには『赤字ストッパー』という機能が
備わっていますのでその心配は一切ありません。

 

商品ごとに、それ以上値段を下げて欲しくない金額を
設定することができます。

 

競合が間違えて価格設定をした。
思いのほか価格が下がってしまった。

 

そういう場合も赤字ストッパーを設定しておけば
じっくり待って商品を販売することができます。
 

価格もナイス

 

どうでしょう?

かなり使ってみたくなりませんか?

 

 

プレイスターの月額使用料は5800円です。

 

 

これを高いと感じるか安いと感じるかは
人それぞれですが、
ぼくは激安だと思っています。

 

 

この作業を外注にお願いしたら、
確実に毎月5万円以上かかります。

 

 

同時に、使用したのであれば
確実に売上が伸びますので、
単純に導入しないと損なのでは。

 

と思うほどです。

 

 

騙されたと思って一度導入してみてください。

 

 

絶対に1ヵ月後、導入して良かったと
思えているはずです。

特典つけます

 

自信を持ってオススメできるツールですので
ぼくから特典をつけさせていただきます。

 

Amazon販売をするにあたって、
必ず役に立つ特典たちです。

 

特典の詳細をご覧ください。

 

 

特典1 カートボックスの仕組み(エグい版)【非売品】 音声 26分35秒

 

Amazonはカートボックスの選定条件を公開していません。
しかし、長年Amazonで販売してきた経験、
数多くのコンサル生さんの情報提供を元に
大体解明することができています。
それをちょっとエグい所まで掘り下げて解説した音声です。
  

特典2 価格改定のツボ【非売品】 音声 19分46秒

 

初心者の方は特に、価格をどう決めていいのか不安だと思います。
どこまで価格をつり上げれば良いのか。
どこまで値下げについていくべきなのか。
これらはある根本の心理を理解すると、簡単に判断できるようになります。
その部分を徹底的に解説した音声です。

 

特典3 物販ビジネスで成果を出すための黄金の5法則【非売品】

 

物販ビジネスで成果を上げるための『マインド』を
解説したレポートです。
PDF42ページに渡る内容と、なんと解説音声5本付きです。
はっきり言って、これは有料級だと思います。

 

 

以上が特典です。

 

 

価格をつけるとしたら5万円以上には確実になると思います。

 

 

プライスターに契約して、1ヵ月で解約しても
特典返してください。とは言いません(笑)

 

というか、1ヵ月使ったらもう辞められないと思います。
それほど価値のあるツールです。

 

 

書きたいことはもっともっとあるのですが
ここら辺にしておきます。

 

ぜひ、じっくりと販売ページをご覧になってください。

 

1540_32 プライスターの詳細を見る(初月無料)

 

 

 

※ご契約時に特典欄に上記特典がしっかりと
 記載されているのをご確認の上、ご契約ください^^