稼ぐための方程式が見つかりました

 

 

4年ほどコンサルティング業に携わって来て述べ300名以上の方を指導して来ました。

 

正式にコンサルティングをしたのが300名以上で、
ご相談を受けたり、そういうものも含めるとおそらく1000名以上の方のお話を聞いて来たことになります。

 

 

コンサルティングを始めた当初から、

 

受講者さんが如何に結果を出すことができるか。

結果が出る方の割合を如何に100%に近づけるか。

 

ここに全精力を傾けて来ました。

 

 

その中で、コンサルティングで教える内容を随時変えてみたり
指導方法や、指導のスタイルも微妙に変えてみたりしましたが、
なかなかその答えにたどり着くことはありませんでした。

 

そもそも、答えなんてないジャンルではあるのですが、
限りなく答えに近いものを探して、この4年は研究を繰り返しています。

 

 

そして、そんな中で一つの方程式が見えて来ました。

 

『色々なジャンルのビジネスに挑戦しているけど結果が出ない』

『成長している実感がわかない』

『何をやっても上手くいかない』

『自分が思っているよりも結果がついてこない』

 

このような悩みに対する、一つの解となるような方程式です。

 

 

この方程式に色々な状況を当てはめて考えてみると、
あらゆる『?』に説明がつくことがわかりました。

 

そしてこれは、数多の情報発信者がいらっしゃる中で、
意外にもほとんどの方が発信していない要素でした。

 

 

 

 

能力×モチベーション

 

 

個人ビジネスで結果を出すための方程式は

 

能力×モチベーション

 

で表すことができます。

 

 

能力とは、その名の通りその人自身の能力のことです。

仕事ができるとか、頭が良いとか、要領が良いとか。その類です。

 

 

モチベーションもそのまま『やる気』のことです。

 

 

この2つの要素が掛け合わされて、結果が出るか出ないかの差として現れるのです。

 

実際に稼いでいる人をこの式に当てはめると、全てにおいて、

やはりどちらかが優れているか、両方優れているのです。

 

どちらも欠けているのに結果が出ている。という方を僕は見たことがありません。

 

 

でも、不思議ですよね。

 

情報業界では、生徒さんを稼がせる!(この表現好きじゃないですが)
ということで、多くの方が発信しているのにも関わらず、

 

『人間としての能力を上げましょう!』

『モチベーションを鍛えましょう!』

 

というような発信をしている人は非常に少ないし、
ましてや、それらを向上させるためのコンテンツが売っているところをまず見ないですよね。

 

 

しかし、これはどうも情報業界の現状を考えると致し方ないことなのかもしれません。

 

情報発信をする以上、それによって売り上げをあげ、生計を立てる必要があります。

ですから『売れるコンテンツ』を作って、それを販売しないといけない。

 

 

アフィリエイターもそうです。
アフィリエイトによって稼がないといけないわけですから『売れるコンテンツ』を紹介しないといけない。

 

 

そういった際に『能力』がどうだとか『モチベーション』がどうだとか。
そんな具体性のないコンテンツを作ろう、紹介しようとはなかなか思わないんですよね。

だって売れないから。

 

 

必然『ノウハウ』『テクニック』というわかりやすいコンテンツの方が売れるわけですから、
みんなそちらの方に流れていくのです。

 

別に、これは悪いことではありません。

ノウハウやテクニックも、もちろん重要ですから。

 

 

しかし、前述した通りどんなに良いノウハウを持っていても
どんなに優れたテクニックを知っていたとしても

 

能力×モチベーション

 

が備わっていなかったら、確実に宝の持ち腐れになります。

 

 

だから、情報を受け取る側はそれを意識しないといけないと思います。
ノウハウコレクターという言葉がありますが(これもあまり好きじゃない言葉です)
そういう状態になってしい待っている方がいるとして、
その原因は成果の出にくい商材を買い続けているとか、選ぶビジネスが悪いとか。
そうじゃなくて、もっと単純に

 

 

能力

モチベーション

 

 

が足りないだけ。

 

 

ということなのです。

 

 

 

でも『あなたが結果を出せないのは能力がないから』なんて
面と向かって言えるわけないですから、
みんなして『じゃあ次はこっちはどうですか??』
『これならいけるかもしれませんよ!』と
どんどんと新しいコンテンツを勧めているのです。

 

 

これが今の情報業界の構図です。
(悪いところをクローズアップすると、です)

 

 

確実に言えるのは、能力もモチベーションもない人は
何やっても結果を出すことはできないということです。

 

厳しいようですが、そういう世界です。

 

逆説的に考えると、能力かモチベーションがしっかりあれば
結果は出るよ。ということでもあります。

 

 

稼いでいる人と、稼いでいない人。

 

 

その差は一般的には情報の質だったり、経験だったり、
先行者利益だったり。そういうものだと思われがちです。

でもそれは違います。

 

 

純粋に能力かモチベーションが違うだけです。

 

 

でも、能力に差があるから結果に差がある。

 

 

なんてことを言ってしまえば、それこそ元も子もないというか、
これからチャレンジする人にしたら萎える要素ですから
誰もそれを口にしないのです。

 

いわばちょっとした嘘をついているのです。

 

 

でも僕は、それじゃあダメだと思ってます。

 

実際にそこに差があるんだったら、
その差を埋めるためにはどうしたらいいか?
これについて真剣に考える必要があると思うのです。

 

 

そうじゃないと、いつまでたっても結果が出ない人とか、
それによって苦しい思いをする人が出てきてしまう。

 

 

ですので、特にここ2年ぐらいは能力とモチベーションについて真剣に研究を重ねてきました。

 

 

 

軽視されがちな能力について

 

 

 

今回ご紹介するコンテンツは『能力』の方に関するコンテンツですので、
モチベーションの話は一旦横に置いておきます。
(モチベーションに関してもそれを向上させるコンテンツを製作中です)

 

 

先ほども書きましたが、個人ビジネスの世界ではなぜだかわかりませんが『能力』が軽視されています。

 

 

例えば、会社員の場合、『能力』如何によって出世できるスピードや、社内評価や、給与が変わる。
ことは、多くの方が肌感覚で理解していますよね?

 

だから、その能力を伸ばすために社内研修をしたり、自分自身でブラッシュアップをしたりするわけです。

 

そもそも、入社の段階から、面接などで見られるのは『能力』ですから。

面接の際に『どんなノウハウを持っているのか?』などはあまり気にされることはないですよね。
ノウハウは表層的なものですから、後からどうとでもなります。
それよりも深層にある『能力』や『性格』の方がよっぽど人事担当としては興味がある部分なのです。

 

 

しかし、こと個人ビジネスになると、それが真逆になってしまいます。

 

どんな情報を持っているか?どんなノウハウを持っているか?
ばかりが注目され、能力に関してはほとんど議論されません。

 

どう考えても、能力の違う2人の人間が同じノウハウを実行したら、
能力の高い方が結果を出すことがわかりきっているのに、
そこについてはあまり触れられることはないのです。

 

 

ですが、これはむしろチャンスなのではないでしょうか?
まだまだこの業界では、稼いでいくために、
自分自身の能力を高めていこう。と考える方が少ないのです。

 

であれば、早いうちからそれを意識し、実行することによって、
将来大きなアドバンテージを作れるのではないでしょうか。

 

新しいノウハウをどんどん求める。ではなくて、自分自身の能力を高めていく。

 

 

成長を外に求めるのではなくて、内に求めるということです。

僕は、今こそそれを意識するタイミングだと思っています。

 

 

 

 

一朝一夕では変わらない

 

 

とはいえ、『能力』というものはそう簡単に身につくものではありません。

何かの本を読んだから、次の日に能力が上がっていた。
なんてことはまずありえないです。

 

上げたい能力を意識して、その為の行動を考えて、
実際にその行動をし、それを継続する。

 

そして、ある程度の時間がたってはじめて、少し能力が向上する。

そのレベルでしか、能力というものは変化しません。
ノウハウを学んだり、テクニックを学んだりするのに比べて、
驚くほど即効性がないのです。

 

 

 

そりゃ、そこに力を入れようと思う人が少ないわけです。

 

 

ですが、能力というものの一番のメリットは『普遍』であり『不変』であることです。

 

 

例えば、セールス力1つとって見ても
一度その能力を手にしてしまえば、半永久的に使うことができます。

 

来年になったらトレンドが変わって使えなくなったとか、
規約が変わって同じことができなくなったとか。
そういう変化とは無縁なのです。能力は。

 

 

表層的なノウハウやテクニックと比較して、
もっと抽象度が高く、深度が深いものが『能力』です。

 

 

一度身につけば、ずっと自分を有利にしてくれるし、
その能力は一つのことだけでなく、あらゆることに活用できるのです。

 

 

ですから、それを手にするのに多少の時間がかかるのはむしろ当然の話であり、
そのぐらいの時間をかけても手に入れるべきもの。とも言えるのです。

 

 

ただ、何度も書きますが、その抽象度の高さから、何と言ってもわかりづらい。

 

輸入で10万稼ぐ方法!といえばイメージしやすいですが、
事務処理能力を向上させましょう!はいまいちイメージしづらいですよね。

 

でも効果は後者の方が大きいのです。

 

 

ビジネスを志す以上、瞬間的に稼ぐことには何も意味がないです。
安定的かつ、長期的に結果を出すことができてはじめて
そのビジネスで成功した。と言えるのではないでしょうか。

 

 

ですから、その基礎となる『能力』を鍛えることは、
実は誰にとっても絶対に必要な作業なのです。

 

 

 

 

あえてそこに対しての教材を

 

 

 

先ほども書いた通り、確かに能力を鍛えることは大事なことですが、
なんせわかりづらいジャンルですから、
能力を題材にしたコンテンツは引くほど売れないのです。

 

本当に引くほど。です。

 

 

ですが、それでもあえて、能力に関する教材を作ろうと思いました。

 

能力×モチベーション

 

の両輪を、しっかりと指導できるようになるのが
僕の人生の一つの目標でもありますし、
使命みたいなものだと思っているからです。

 

 

お金に困っていない状態かつ、多くの人と指導者として触れ合える環境にあり、
心からその方に結果を出して欲しいと思っていて、
その為に人生の限られた時間を注ぎ込める環境にいる人。

 

自分で言うのもなんですが、そんなに多くないと思うんですよ。

 

 

ですからあえて、僕はわかりづらいであろう『能力』とか『モチベーション』などに
焦点を当てて、コンテンツなどを提供していきたいと思っているのです。
(もちろん、ノウハウやテクニックに関しても指導はしていきますが)

 

 

ですから、売れないのはわかっているのですが、
精魂込めて教材を作りました。

 

 

本当に精魂込めすぎて、おかしなボリュームになってしまいましたが・・・

 

 

たくさん売れなくても良いので、本当に必要な人に手に取ってもらい、
そして活かしていただきたいと思っています。

 

 

 

 

能力の骨組みとなる4大要素

 

 

少し教材の内容に触れたいと思います。

 

 

教材では『能力』を4大要素に分けてそれぞれ解説をしています。

 

 

その4大要素が

 

・コミュニケーション
・スピード
・ロジック
・マインド

 

です。

 

 

 

『コミュニケーション』は言わずもがなビジネスにおいても重要な能力です。

 

仲間を作る、人を従える。
こういったことにもコミュニケーションは必要ですし
ビジネスにおいて一番重要だと言われる『セールス』もコミュニケーションの延長線上のスキルです。

正直な話、天性のコミュニケーションの才能を持っていれば

それだけでビジネスで大きな結果を出すことができます。
そのぐらい大事な能力です。

 

しかし、世の中の99%の人はその才能を持っていないので
(僕も含めてです)
コミュニケーションに関しては絶対に勉強が必要なのです。

 

 

 

 

『スピード』もビジネスの成功に大きく寄与する要素です。

 

特に、ビジネスを立ち上げてから数年の間。
ビジネスで結果を出し、安定させ、継続する地盤を作る。
この間に一番必要になるのは『作業量』です。

 

如何に多くの作業をこなすか。
ビジネスの最初の方では、作業量こそが結果の上下を決めます。
作業が早い人、効率がが上手な人は、
同じ時間でも、下手な人の5倍以上作業をこなすことができます。
当たり前ですが、5倍こなせれば5倍早く結果が出ます。

 

多くの方を見てきて思いますが、この『スピード』も
人によってものすごく格差があります。

 

僕自身、スピードにはかなり自信があるタイプなので
(むしろ僕の場合この能力のおかげで結果が出たと思ってます)
その部分に関しても多くのコンテンツを作成しました。

 

 

 

 

『ロジック』は言い換えれば『考え方』です。

 

ビジネスの中で、何かの問題が発生したとき。
そんなときにどのように対処をすれば良いのか?

 

新しいビジネスを始めるとき、
どのような観点でビジネスを分析すれば良いのか?

 

全ては、自分自身にある『考え方』を基準にしています。
人それぞれ自分の中に『ものさし』を備え持っていて
そのものさしで物事を図り、判断をするわけですが、
ときにはそのものさしの精度がかなり悪かったり、
まっすぐじゃなくてひん曲がっていたり。

そのような状態になっていることもあります。

 

ここをしっかりと改善することで正しい判断ができるようになり
ビジネスでもまっすぐに進めるようになります。

 

 

 

 

『マインド』は全ての能力の下支えになる重要な能力です。

 

精神的な意味が強い『マインド』ですが、
僕はこれも能力の一部だと思っています。

 

いくら能力に優れていても、マインドが腐っていれば
なんの効果も発生しません。
マインドは自らの歩を進める原動力のようなもので
ここが常に安定していることが非常に大事です。

 

特に、ビジネスにおけるマインドは、
一般の社会のマインドとはだいぶ違いますので
ビジネス用のマインドについて大量に収録しています。

 

 

 

 

と、言うように、4大要素と称して、
各能力について教材では解説をしています。

 

どれが大事と言うことはなく、全部大事なので
全てがかなりのボリュームになっています。

 

きっと、何かのプラスになってくれるはずです。

 

 

 

 

 

即効性はないけど、何度も使える教材に

 

 

先ほども書きましたが、この教材には即効性がありません。

 

もちろん『すぐに使えるテクニック』はあります。
日々の作業などにすぐにでも使うことのできる方法や考え方をたくさん収録しています。

 

しかし、それをすぐに取り入れたところで、
すぐに何かの結果が出る。と言うことは少ないと思います。

 

どちらかと言うと、そこで変化を加えたことで、
じわじわと効果が現れ、日に日にそれを実感できるようになる。そういうイメージです。

 

長いものだと、1年経って効果を実感!のような内容もあります。

 

 

ですから、一時的なブーストのために本教材を使うのではなく
もっと長い目で、何度も何度も繰り返し使っていただきたい。
そのような考えで教材を作成しました。

 

表層のテクニックではありませんので、
収録してある内容は時代が変わっても不変です。

 

ですから、今年でも来年でも5年後でも、
同じように有効な内容になっていると自負しています。

 

 

それに、そもそも数日で消化できる内容ではありません。
ボリューム的に、ちゃんと全て実践していただくとしたら
1ヶ月あっても消化しきれないぐらいの内容です。

 

 

ぜひ、長い目で、スルメのように少しずつ味を
楽しんでいただければと思っています。

 

 

 

内容と価格

 

 

内容ですが、いくつかコンテンツ内で学習できるものを
ピックアップして箇条書きします。

 

 

 

■コミュニケーションの章

 

・共感をうまく使ってコミュニケーションをとる方法
・信頼の本当の意味とは?
・説明はセールスではない
・特典の上手な付け方とは?
・精密機械とブルドーザー
・欲しくないのが普通
・モノを欲しくなる動機を理解しよう
・ブランディングについて
・キャラ設定は誰しもに必要
・行動原理を理解しよう
・印象操作について

 

 

■スピードの章

 

・環境の整え方
・道具に投資しよう
・スイッチを作り、効率化を図る
・外部刺激について
・タスク管理の基礎・応用
・やらないことを決める方法
・休憩の仕方
・必要最適量とは?
・能力による作業効率化

 

 

■ロジックの章

 

・問題解決能力について
・物事の分解の仕方
・トライエラーの真実
・仮説思考
・フレームワーク思考
・ゼロベース思考
・ロジックツリー

 

 

■マインドの章

 

・継続という最大の武器
・欲のコントロールについて
・過信を正しく理解しよう
・妥協という病
・解決しないほうが良いこともある
・人間関係に関してのマインド

 

 

 

教材のボリュームですが、PDFで284ページ、文字数で125万文字。
音声は合計で12時間22分となっております。

 

ちょっとした小説よりも文字数が多く、
ちょっとしたライブDVDよりも音声が長いです。

 

 

ボリュームが多ければ良いということではないですが
そのぐらい気合いを入れて作った。ということはご理解いただけると思います。

 

 

 

そして、教材の価格ですが、ズバリ

 

24800円

 

とさせていただきます。

 

 

価格については安いとかお得だとかとやかく書くつもりはありませんので、
24800円、これ以上でも以下でもありません。

 

 

ご購入は以下のリンクから

 

 

個人ビジネス能力開発講座
PDF 284ページ
音声 12時間22分
ご購入はこちら

最後に

 

 

 

ビジネスに取り組む以上、皆さん覚悟を持っていると思います。

 

 

一度ビジネスで結果を出すと、良い意味でそこから抜けられなくなります。

 

 

自分で考え、行動し、それによって収入が増える。
こんな自由で、やりがいのあるものはこの世にはそんなにないからです。

 

僕も、もうそれ以外の選択肢は考えられません。
何度生まれ変わっても起業します。
それぐらい、ビジネスが好きです。

 

 

ということは、ビジネスを始めた以上、
それは一時的なものではなく、一生自分につきまとうものに変化していく。
ということになります。

 

 

であれば、その場しのぎのテクニックなどではなく
ずっと自分を助けてくれる『能力』を伸ばすこと。
これは思っている以上に大事ではないかと思います。

 

 

この教材がその助けになれば作った甲斐がありますし
何よりもあなたのためになります。

 

 

それに僕も情報発信をしている以上、
読者さんにはずっとその発信を見てもらいたい。

 

そのためには読者さんが長く稼ぎ続けないといけないわけで
心から皆さんに長く稼ぐための素地を作ってもらいたいと思っています。

 

忘年会とかもやっていますが、
やっぱり毎年同じ顔が見れるのは心底嬉しいですから。

 

 

そういう思いで作った教材です。
ぜひ、ご検討いただければ幸いです^^

 

 

 

ご購入は以下のリンクから

 

個人ビジネス能力開発講座
PDF 284ページ
音声 12時間22分
ご購入はこちら

特定商取引法の表記